« クラリネットの三差路 | トップページ | え~~~!!! »

2006年10月23日 (月)

40人の集団・・・

40人のバスクラ奏者たち・・・
すげ~変な集団だったです。 ^_^;

昨日の石森楽器にて行われた松本賢さんの「バスクラ講習会」
私も参加してきたのですが、実際に楽器を吹きながらの講習
ということで、ほとんどの皆さんが楽器持参。
40人近くのバスクラ吹きが最初は遠慮がちに、次第に遠慮なく
ゲロゲロと大音量での大合奏!!!

いゃ~楽しかったです。
エーラー管もお二人参加で、その間に挟まれていたのでした。
その内のお一人が、某Nティの夏オフでご一緒させていただいた
なんくるさんだったのでした~
初めてエーラー管バスクラも吹かせていただきました。
並クラほど違和感無く、音は出せたような気がしますが、管が
すっごい細いんですね。絶対にバリバリ吹く楽器じゃなくて、
ほんとにクラの延長って感じですね。アンサンブルやるんだったら
音の統一って点で言えば、クラ、バセット、エーラーバスクラと
やったら普通のクラアンサンブルとは違った音になるんだろな~

ってこれがホルツさんなんでしょうけど、いかんせん人数が多い
んでもう少し小さな編成でエーラーアンサンブル聴いてみたく
なりましたね~

他にもジャズ系バリバリのおいちゃんがいい味出してましたし、
デモ演奏してた高校生たちがまたうまい!
スラップパンパン鳴らすし、自分たちがやってた頃のレベルから
は考えられない演奏でした。

彼女たち多分アンコン出るんだろうけど、結構いいとこ行くんだ
ろうな~。ちょっと楽しみ。

いゃ~、バスクラって奥が深いですね。

« クラリネットの三差路 | トップページ | え~~~!!! »

コメント

ごぶさたしております♪
なんくるさんともども、いい経験をされたんですね~。
大丈夫ですよぉ、40人のバスクラ吹きさんくらい(^^;)。
ワタクシ、最近、旅行先の某国にてその人数に
少し足りないくらいのバスクラ吹きさんたちが
似たようなことをやってはるのを、好奇心むきだしで
眺めておりました♪ バスクラの可能性の地平線は
どこまでも延びている気がしましたよ。

某国出国の際には、団体旅行のはずが、
とある参加者と2人だけで出国審査を受ける
ハメに陥りましたが、なんとかカラダを張って?、
連れていった3本の娘たちを守りました(^^;)。

某国で現地の方たちと吹いた曲を弾薬、おなじみバセットを
武器として、どうやら2月にはいつものメンバーと、そちらで
参戦しそうですので、ご都合がつけばお越しくださいませ♪

 どうもきのうはお疲れ様でした。いずれは再開の機会はあると思ってましたけど、こんな所でするとは意外でした。
 それにしてもやっぱり壮絶でした。石森地下のあのスペースいっぱいに、バスクラ、バスクラ、バスクラ…。そういや参加者一堂で楽器持って集合写真を撮ろうなんて言ってたけど、結局撮りませんでしたね。
 どんな内容になるのかと思ってたけど、非常に実践的で、ポイントを押さえたものになっていたと思います。おそらく受講者全員、いろんなものを持ち帰れたんではないでしょうか。
 最後にみんな松本さんの楽器を順繰りに吹かせてもらったりして――実を言うと、僕は逆にベームのバスクラをまったくと言っていいほど吹いた事がないので、「なるほど」と妙に感心したりしました。並クラ以上に両者の傾向は違うみたいですね。

 あの高校生たちはほんとうまかったです。楽器がしっかり鳴ってるしアンサンブルもできてる。スラップをバリバリに使いこなしているバスクラの子には圧倒されまくりでした。

>>ほるほるさま
ども~お久しぶりです。
某国は楽しかったようで (^^)v
私も同行された方からお土産のお酒やCDまでもらって、うらやましく思っております。
出国検査とは・・・。楽器たくさん持っていったんで「密輸か?」とか (^_^;)

2月は例の会に参加されるんですね。
のだめの舞台の某学園はすぐ裏なので、当然聴きに行きますよ~~
頑張ってくださいね。また、会えることを楽しみにしています。

>>なんくるさま
昨日はどもどもでした~
いゃ~、優雅なエーラーお二人には、真横でゲロゲロ、ピーピーとうるさい音で申し訳なかったです。 (^_^;)
でも、オケはやっぱりエーラー管のほうがよさそうですね。
次お会いするのはクラカメの演奏かな?
なんか、楽しいですね~
そうそう、写真は残念でしたね。
やっぱり集合写真を撮るべきだった・・・。こんな機会は中々ないですよね (T_T) 残念。


そうそう、昨日は最後にクラカメの白川さんと坂本さんのお二人を加えたお三方で軽く1曲ご披露してくださったのでした。

このクラカメ、11/10に演奏会があるので、私は聴きに行く予定です。

時間がある方は聴きに行きましょうね~

では、また。

 いやいや、ベームのバスクラを吹いて思ったんですが、トゥッティでバスをどんと響かせるにはこっちの方が有利ではないかと。今まで傍で聴いていて「どうしてこんなに大きな音が出るの?」と思ってたけど、その疑問が氷解しました。
 別にエーラーのバスクラが「優雅な」というイメージは持っていないんですが…松本さんも「バスクラをお上品に吹いてもしょうがない」という意味の事を何度も言ってましたし。
 エーラー管だけに、音がまっすぐ飛ぶという特性はやはり持っていますから、地面の底からずんと腹に響くような音を目指したいと思っています。

 クラカメは、聴きに行きたいですね。都合がつくかどうか微妙なんですが…。

40人のバスクラ>
凄いですね~。傍から見てみたかったかも。

クラカメ>
うわぁ!また金曜日の夜なんですね・・・。
残念無念!

>>なんくるさま
いゃ~ほんとにクラリネットは難しい物です。
目指す音はあってもなかなかイメージ通りっていかないですよね~。

今回の講習会ほんとためになりました。
次回、時間が時間だけに全部は聞けないだろうけど、とりあえずマウスピース&ネックだけ持って遅れて参加しようかと思っています。やっぱり実際に吹きながらの講習は得る物大きいですよね。

松本氏が言われていたクラシック系のバスクラ吹きのヤンギュンスさんのバスクラ講座も年末に東京で開かれるようです。
こちらも興味ありますね。時間があれば行ってみようかと思います。

>>すももさま
たまには、練習休んで間近でプロの音聴くのもいいですよ~。
今回、白川さん、松本さんのEbクラが聴けますよ! 松本さんは噂のEbクラスラップが聴けるかも?! ってそりゃないか・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41161/3926596

この記事へのトラックバック一覧です: 40人の集団・・・:

« クラリネットの三差路 | トップページ | え~~~!!! »