« スーパーバスクラ | トップページ | TCCPのDVD »

2006年5月31日 (水)

SPICY4ライブ

プログラムは

1部

ジャニーズ・セレクション(仮面舞踏会、世界に一つだけの花、青春アミーゴ)

ディズニーワールドV

テネシーワルツ

CMソングだよ!全員集合

SOICY4×4Colors  I.BLACK Gangs Trio II.WHITE Waltz

                        III.Tango RED      IV.BLUE Sky

2部

展覧会の絵

でした。

コンサートは笑いあり涙ありで本当に楽しませていただきました(まぢに2部最後はウルウルときてしまいましたよ・・・)。

このSPICY4というグループは、今年の「クラリネットアンサンブルのたのしみ」という催し物ではじめて知った団体でアコーディオン+クラ3本という変わった編成です。

この時の出し物が「スパイ大作戦のテーマ」と「なつかしのピンクレディーメドレー」という他の団体から見れば、非常に大胆なもので、ピンクレディーメドレーでは、その振り付けに大笑い(当然演奏技術は素晴らしいものです、技術の裏づけがあってこそお笑いが単なるおちゃらけにならないで音楽になっていたと思います)して一気にファンになったのでした。

今回もやってくれるのかな~と、その笑いも期待して行ったのでした。
内容は期待以上で笑いを誘う一部も当然楽しめたのですが、大曲(展覧会の絵です)を一気に演奏するその技術、音楽性にはほんとうに感動いたしました(編曲がこれまた、すばらしかったです)。
この曲ではEbクラからコントラバスクラまで多彩な楽器を使用して存分に彼らの持ち味が引き出されていたと感じさせられました。

ほんとうにパワフルで繊細な音が会場全体に響き渡っているようでした。

次回は12月19日とのこと、是非また行きたいですね。

そうそう、アンコールでディズニー15周年の「ディズニーカーニバル」なんていう中々聴けない物が聴けて、すごく良かったです。1部ではディズニーの曲集もあったしね (^^)v

細かい感想はまた、時間のあるときに・・・

« スーパーバスクラ | トップページ | TCCPのDVD »

コメント

なんか、だいぶ前に一度書いたのですが、送信前に消えてしまって、書く気がうせていたのでした。
なんか、だんだん記憶もあいまいになっていきますが・・・

資料があるところから、書いてみましょうかね。

今回、「展覧会の絵」全曲をやってくれたわけですが、アコーディオンとクラ3人でいったいどんな編成だったのだろう?
 と、疑問に思っておられる方もいるんじゃないのかな?

え~、今回の演奏会、わざわざプログラムとは別に展覧会の絵の曲別にコメントと楽器の編成を書いたイラスト入りのかわいい資料を配布していてくれて、開演まで、それをみているだけで結構楽しめました。

その中には多分展覧会の絵を描く元となった絵も一緒に紹介されていて、「あ~この曲はこの絵のイメージからきてるんだ~」と納得したり、ん?と思ったりしたのでした。

で、曲ですが、プロムナードは基本編成のアコーディオン+並クラ3本ではじまり~
1曲目の小人では井上さんバスクラに持ち替え低音を!
プロムナードでは今度はおざめぐさんアルトに持ち替え、つづく古城でのソロを予感させます。
2曲目の古城 絶品でした! おざめぐさんのもの悲しいアルトソロ(当然クラね^_^;)
おなじアルトでもやっぱりクラのメロディの方がさらに悲しさに深みがあって、サックスとは別のよさがありましたね~ あ~もう一度聴きたい・・・。

つづく・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41161/2010916

この記事へのトラックバック一覧です: SPICY4ライブ:

« スーパーバスクラ | トップページ | TCCPのDVD »