« 当日の予定など | トップページ | いよいよ今日だよ。 »

2006年4月20日 (木)

天使の死

ピアソラの曲ですが、その前にオブローさんの説明を・・・。

というか、HP見てもらったほうが早いですね。

http://www.interq.or.jp/happy/hobereau/

で、HPに書いてないCDのはじめの言葉を紹介しますね。

はじめに

そもそもクラリネット八重奏で「魔法使いの弟子」が演奏できるのだろうか?オブローは過去に「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」「ラ・ヴァルス」「パリのアメリカ人」「エル・サロン・メヒコ」などをリサイタルで取り上げてきました。一人で10人分の音符を吹かないとオーケストラの大曲は演奏できないものです。そんな無謀とも思える身体を張ったプログラミングはオブローの「アンサンブルの可能性の追求」の一つです。日本ではアンサンブルはまだ発展途上、いろいろな可能性を秘めているとオブローは考えます。タイトな響きを生かしたピアソラや、演出付リサイタルを行うのもそういった理由です。

「オブローの魔法使いの弟子」CDより抜粋

ほんとに、いろいろな可能性を聴かせてくれていると思います。

私は昨年12月ごろ2chにてこのCDの存在を知り、ほんとにアンサンブルがしたくなってオフ会を企画したのでした。

アンサンブルの可能性を再認識させてくれたオブローの皆様方と2chの方々にほんとうに感謝いたします。

つづく

« 当日の予定など | トップページ | いよいよ今日だよ。 »

コメント

色々みてたら、ここで視聴できるみたいです! \(◎o◎)/!

http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?sku=1085778

語るより、聴いた方が早いですね。
恐るべきスラップの達人マツケンさんです。

バセットの譜面移調していましたが、とてつもなく難しいですね。

ま、どのパートも難しいですが、バセットは特にそう感じました・・・ orz

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41161/1476643

この記事へのトラックバック一覧です: 天使の死:

« 当日の予定など | トップページ | いよいよ今日だよ。 »