« 3つのディベルティメント | トップページ | 何でも書いてくださいね。 »

2006年4月18日 (火)

プレリュードとダンス

次はプレリュードとダンスですね。

この曲は今から20年ほど前、無謀にもアンコンでやった曲なので、結構思い入れがありますが、語りだすとたぶん長いのであっさりと・・・。

今考えると、よくこの曲やったもんだと・・・。やっぱ若かったんだな・・・^_^;

この曲は3つの・・・よりさらに古くて、1962年の出版です。

その名の通りプレリュードとダンスという二つの部分に分かれているわけですが、プレリュードの方はトレ・ラン(きわめて穏やかに)というゆっくりとしたテンポから神秘的な雰囲気を漂わせながら始まります。この曲の特徴も白川氏のものとちょっとダブってて1拍ずつベルトーンみたいな感じでさらに神秘さを増していってますね。

で、だんだんと盛り上がっていくわけですが、ねっとりとした感じをずーっと保っていきたいですね。最後は確かF(実音)あたりになってたように思います。

ダンスはアレグロマルカートで出だしはちょっと変拍子ぽくてリズム取るのが難しいですね(ここだけでなく、全体的に難しくて初見じゃきついでしょう・・・ この曲のCD2枚持ってますが、どちらもこのダンスはしくじってますね・・・ 難しいです orz)。

佼成クラアンサンブルもこの曲やってましたが、結構辛そうでしたね・・・。

でも、ヤッパリ挑戦してみたい曲です。

« 3つのディベルティメント | トップページ | 何でも書いてくださいね。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41161/1455142

この記事へのトラックバック一覧です: プレリュードとダンス:

« 3つのディベルティメント | トップページ | 何でも書いてくださいね。 »